合わなかった基礎化粧品を一工夫しよう

合わなかった基礎化粧品を一工夫しよう

合わなかった基礎化粧品を一工夫しよう

基礎化粧品の選び方は難しい。
口コミで高評価でも、自分も本当に良いと感じるかは別問題だからです。
でも、スキンケアって、化粧水が良くなくても、お手入れのやり方次第で、使える場合もあります。
例えば買ってみた化粧水がどうも自分が求めているよりも、さっぱりしたテクスチャーで、保湿力が足りないと思う時ってありますよね。
そんな時、化粧水自体は肌に合うと思うのであれば、その化粧水にヒアルロン酸の原液を購入して、毎回1滴や2滴追加して使用してみましょう。
これまでさっぱりしていた化粧水が、保湿力の高い潤い化粧水に変わります。
あとはハンドプレスで何度も重ね付けすることで、浸透力も上がりますね。
逆にとろみが強い化粧水は、浸透力が悪いものが結構多いので、肌の表面にべたっと残してしまうことが良くあります。
そんな時は、プレ化粧水を使って、浸透力を良くするか、洗顔後に水が残った状態で使用すると、べったり感が解消されるので、使いやすくなります。
もしも肌に合わない化粧水を購入してしまった時は、無理をしないで捨てる勇気も必要です。
「もったいないから」と痒みや湿疹が出るコスメを使い続けることは大変危険です。
肌に合わない化粧品を購入してしまった時に、是非やっておいた方が良いのは、化粧水の全成分をチェックしておくことです。
自分に合わない成分をその都度記録しておくことによって、苦手な成分というのがわかってきます。
どんな化粧品を使っていいのかわからない人は、私が良く遊びに行くサイトをご紹介しておきますね。
しわに効く化粧品口コミランキングはコチラ